MENU

軽自動車の税金、中古車はどうなる?

by楽天ブックス

 

軽自動車に関する税金というのは、平成27年〜平成28年に掛けて大きく変わってきています。

 

従来の軽自動車の税金というのは、4区分に分かれており、比較的分かりやすいものでしたが、平成27年4月1日を境にして、従来の軽自動車税を納めればよい車と、新しい軽自動車税の税率で納めなければならない車に分かれました。

 

ただ、平成27年4月1日以降に新車登録をされた車ということなので、それ以前に登録済みの現在乗っている車や、中古車については、従来の軽自動車の税率で税金を納めればよいということになっています。

 

 

平成28年度から始まる税金

ですが、ここで平成28年度から始まる重課税率が問題になってきます。この重課税率は、

 

新規登録から13年を経過した車両に対する税率

 

になっています。

 

平成28年度から始まるこの制度では、中古車の中でも年式が古い車については、従来の税率より高い新税率よりもさらに高い税率で軽自動車税を納税する必要があります。

 

自家用軽乗用車の場合の重課税率は12,900円になっています。従来の税率に比べると、実に5,700円の値上げということになります。

 

なので軽自動車の中古車を購入する時には、今まで以上に年式が問題になってきそうです。

 

 

⇒カッコいい軽自動車を安く買う裏技!

 

 

軽自動車の維持費

軽自動車の車検費用

軽自動車の税金

軽自動車人気

軽自動車 中古

軽自動車 燃費

軽自動車の名義変更

運営者情報

このページの先頭へ