MENU

軽自動車を相続するときの注意点

by楽天ブックス

 

軽自動車を相続するときの注意点は、単独相続による申請をするか、共同相続による申請をするかをしっかり決めることが大事です。

 

単独相続というのは、複数の相続人のうち一人が単独で軽自動車を相続する場合に適用されるものです。相続人に未成年者がいない場合、単独相続の申請を行うことになります。

 

共同相続というのは、複数の相続人が共同で軽自動車を相続する場合に適用されます。相続人に未成年者がいる場合に、共同相続の申請をすることになります。

 

 

軽自動車の相続注意点

軽自動車を相続するときは、相続順位により、相続人を確かめることが大事で、相続人に未成年者が含まれているかどうかをよく確認しましょう。

 

軽自動車を相続する場合、様々のケースが考えられます。自分のケースの場合どうするのがベストなのか、少しでも不明な点がある場合は、軽自動車検査協会などの窓口に電話相談することです。

 

自分のケースに当てはめて話をすれば、それに沿って、ベストな方法を教えてくれるはずです。わからない場合は、遠慮せずに問い合わせてみることです。

 

【まとめ】
軽自動車の相続による登録は、通常の名義変更とは違って複雑な点があるので、電話やメールなどで詳細を教えてもらう必要があります

 

 

カッコいい軽自動車のこと、福山センパイに聞こう! >>

 

このページの先頭へ