MENU

軽自動車中古個人売買の注意点

by楽天ブックス

 

軽自動車の中古を個人売買する時の注意点は、

 

現車と書類を十分に確認しておくこと

 

そして故障した場合の責任の所在を明確にしておきます。

 

名義変更はだれがいつするのかも大事なポイントで、できれば納車前に点検整備をしてもらいましょう。

 

 

軽自動車の個人売買は要注意

軽自動車の中古を個人売買するのは、正直おすすめはできませんが、どうしても個人で売買するなら、時間を合わせて現車を確認しに行くことです。

 

確認の手順としては

 

  • 外装や内装、エンジンを確認する
  • 車検証を確認して所有者と使用者、ナンバーが合っているかを確認する

 

上記内容に問題なければ、次に

故障や不具合のある箇所がないかを聞いておく

 

このときは内容を書面にしてもらうとよく、購入後に故障が起こった場合、どちらの責任になるのかも明記してもらいます。

 

事前に故障と聞いていなかった部分が故障しているような場合、修理してくれるのかは聞いておくべきです。

 

軽自動車の中古を個人売買する場合、名義変更をしないといけないので、だれがいつ行うのかはきちんと確認しておかないといけません。

 

名義変更がなかなかされないというトラブルはよくあるので、事前によく確認しておく必要があります。

 

 

⇒カッコいい軽自動車を安く買う裏技!

 

 

軽自動車の維持費

軽自動車の車検費用

軽自動車の税金

軽自動車人気

軽自動車 中古

軽自動車 燃費

軽自動車の名義変更

運営者情報

このページの先頭へ