MENU

軽自動車 オープンカー仕様は?

by楽天ブックス

 

自動車売上確保策のエコカー減税

現在、日本を走る50パーセントが軽自動車と言われる時代になりました。

 

そんな売り上げ好調な軽自動車ですが、日本の自動車業界は年々、販売が減っており国内の販売は各メーカーは苦戦を強いられています。

 

日本の産業は輸出に頼っているところが大きく、自動車産業は日本の産業の中でもかなり重要な役割と言えます。

 

そんな自動車業界を盛り上げるために、消費を少しでも自動車に向けるために、国が打ち出した政策の一つが「エコカー減税」です。

 

 

エコカー減税のしくみ

エコカー減税は古い車に長く乗る人に新車を買ってもらうための制度。

 

エコカーと言われる新型車を税金面で優遇し、買いやすくした仕組みです。

 

具体的には「重量税」と「取得税」が最大で100パーセント減税、つまり免税となる車種もあるのです。

 

エコカーと言うと皆さんはハイブリッドカーや電気自動車を連想しがちですが、エコカー減税の基準は「燃費と重さの比率」で決まってきます。

 

つまり燃費が8km/Lとしても車両の重量がものすごく重ければ減税の対象となるのです。

 

この基準は軽自動車でも同じです。

 

ただ大きさとエンジンの排気量に規制のある軽自動車はそんなに特殊な車両はなく比較的わかりやすくなっています。

 

現行モデルの車両はノーマルエンジンであれば基本的に免税か80パーセントの減税が受けられます。

 

ただ、ターボタイプとなるとパワーのために燃費が低くなるため、減税率が低いか、もしくは対象外となるものが多くなります。

 

 

エコカー減税軽自動車を選ぶときの注意点

ここでポイントになってくるのが、減税を受けることに執着してしまうこと。

 

本来のライフスタイルに合った車選びがズレてしまい、買った後に後悔をしてしまっても遅いのです。

 

冷静に考えればエコカー減税で減税される金額は重量税と取得税です。

 

と言うことは最大でも10万円もしない金額と言うことになります。

 

10万円は決して安くはないと思いますが、仮に10年乗ると思えばわずか1年1万円。

 

月々800円程。

 

さらには、下取車を営業さんに頑張って高く買ってもらい、新車の値引きを頑張ってもらえば、簡単に埋められる金額なのです。

 

【結論】
エコカー減税対象の軽自動車は、冷静にライフスタイルに合ったものをしっかり選ぶことが大切です。

 

 

⇒カッコいい軽自動車を安く買う裏技!

 

 

軽自動車の維持費

軽自動車の車検費用

軽自動車の税金

軽自動車人気

軽自動車 中古

軽自動車 燃費

軽自動車の名義変更

運営者情報

このページの先頭へ