MENU

軽自動車 オープンカー仕様は?

by楽天ブックス

 

軽自動車の4ナンバーと5ナンバー

軽自動車のナンバープレートには5ナンバーと4ナンバーのものがあります。

 

この違いとしては5ナンバーが軽乗用車という区分であるのに対して4ナンバーは軽貨物という区分になります。

 

一般に販売されている軽自動車としては5ナンバーが中心ですが、商用としては4ナンバーが広く使われています。

 

これはナンバーの違いによって内装や税金、また車検といった違いがあるためです。

 

 

軽自動車4ナンバーの税金優遇度

軽自動車は、普通乗用車に比べて税制で優遇されています。

 

自家用であれば軽乗用車の場合には7200円ですが、軽貨物であれば4000円。

 

業務用であれば軽乗用車は5500円に対して、軽貨物は3000円。

 

いずれも乗用車よりも4ナンバーの軽貨物が優遇されています。

 

 

軽自動車4ナンバーの車検

一方で車検に関しては自家用軽乗用車の場合には自家用普通乗用車同様に初回は3年で以降は2年ごと。

 

自家用軽貨物車の場合には初回2年で以降も2年ごとになります。

 

なお、業務用軽自動車も2年ごとの更新になります。

 

車検費用に関しては5ナンバーも4ナンバーも違いはありません。

 

 

軽自動車4ナンバーの内装と走行性能

内装に関しては、4ナンバーが軽貨物という性質上、質素に作られているのが一般的です。

 

特に軽乗用車では後部座席に人を乗せることを前提に作られていますが、軽貨物では後部には荷物を載せることを前提に作られているので後部座席に関しては、乗り心地はあまりよくありません。

 

また選べるカラーも乗用車タイプよりも少なく白やシルバーが中心になります。

 

その反面で仕事用に使われることを前提としているので、汚れても清掃し易いように工夫されています。

 

また後部座席を倒すと完全にフラットになるといった、軽乗用車にはないメリットがあります。

 

走行性能に関しては軽乗用車と比べて低速に強みのある設定がされているのが一般的。

 

古いモデルではオートマチック車でも変速機が3速までが中心でしたが、最近のモデルでは軽乗用車と同じくCVT(無段変速機)が採用されるようになっています。

 

⇒カッコいい軽自動車を安く買う裏技!

 

 

軽自動車の維持費

軽自動車の車検費用

軽自動車の税金

軽自動車人気

軽自動車 中古

軽自動車 燃費

軽自動車の名義変更

運営者情報

このページの先頭へ