MENU

軽自動車 オープンカー仕様は?

by楽天ブックス

 

ダイハツのコペン

現在手に入れることができる軽自動車のオープンカーは、ダイハツのコペンとホンダのS660の2車種あります。

 

コペンは、初代の生産が終了した後、少し間が開きましたが2014年から2代目が製造されています。

 

一方で、S660は、ビート以来久々に登場した軽自動車のオープンカーで、ミッドシップエンジンの後輪駆動というマニアックなものになっています。

 

コペンの主な仕様は、

 

  • FFの2ドアオープンカー
  • 660ccDOHCターボエンジンと5速MTあるいは手動変速付きCVTのトランスミッション
  • サスペンションは前輪がストラット、後輪がトーションビーム

 

となっています。

 

 

コペンの屋根

また、屋根の開閉は自動式を採用しています。

 

FFというオーソドックスな駆動方式ですから、このような車にしては室内も広く、トランクにもそれなりに荷物を積めます。

 

車自体はクセのないセッティングがされているのでドライビングも楽しめます。

 

 

ホンダのS660

S660は、660ccDOHCターボエンジンを運転席の直後に置いた2人乗りのミッドシップカーです。

 

これは、運動性能を重視した本格的なスポーツカーを目指したもので、軽自動車としては革新的なものになっています。

 

トランスミッションは、6速MTとスピードモード付きのCVTが選べますが、このようなドライビングを楽しむ車ですから6MTの人気が高いようです。

 

S660は、車体重量のバランスがとれているミッドシップですから、スポーツカーとしてのドライビングを思いっきり楽しめます。

 

しかし、それの代償として荷物を積む空間を犠牲にしていますので、日常的に使用するのは少しきついかもしれません。

 

また、屋根の開閉は手動式で、取り外した屋根はたたんでフロントフードに収納するようになっています。

 

こういう点は少し面倒かもしれません。

 

しかし、この車を運転するような人にとっては、ドライビング性能に比べれば多少の不便には目をつぶることでしょう。

 

S660は、そんなオープンカーです。

 

 

⇒カッコいい軽自動車を安く買う裏技!

 

 

軽自動車の維持費

軽自動車の車検費用

軽自動車の税金

軽自動車人気

軽自動車 中古

軽自動車 燃費

軽自動車の名義変更

運営者情報

このページの先頭へ