MENU

軽自動車でターボ仕様のものは?

by楽天ブックス

 

ターボを搭載した軽自動車の最大のメリットは「走行性能が高い」という事です。

 

ターボを搭載していることによって、ノンターボと比べると非常に大きなパワーを発揮することが出来ます。

 

軽自動車の排気量は660cc程度である為、普通車などと比べるとどうしても加速感や最高速度、高速安定性の面で劣ってしまいます。

 

そもそも、高速走行用に開発された軽自動車自体が少ないという点も影響していますが、本来の用途としては全く違った部分に重点が置かれている訳です。

 

 

軽自動車にターボが搭載される理由

ではなぜ軽自動車にターボが搭載されているのかというと、それは「快適性」を増すためです。

 

先に触れたとおり排気量の少ないエンジンはパワーが小さく、坂道や乗車人数が増えた場合などには思うように加速しないという状況が増えてきます。

 

場合によっては坂道を登ることが出来ないという事もあり得る訳ですが、ターボによって強制的に大きな力を発揮させることでそういった部分を解消している訳です。

 

例えば、スポーツカーなどの多くはターボが搭載されています。

 

その目的は「より大きな力を得るため」です。

 

スポーツカーで言えば加速を良くするという事が目的になってくるわけですが、軽自動車の場合も似たような目的でターボが搭載されています。

 

しかし、根本的に違うところは「より大きな力を得るスポーツカー」と「不足分を補う軽自動車」という点でしょう。

 

 

軽ターボの問題点とは?

ターボを搭載していた方が快適な走行が可能になることは間違いありませんが、大きな力が出るという事はその分「燃費が悪化する」というデメリットもあります。

 

現行車種であればほとんどがハイブリッドもしくは電気自動車などになって来ていますが、それらは「そもそもの力がガソリン車に比べて小さい」という問題がありました。

 

その為、そういった使用の軽自動車も多く作られていたわけです。

 

手軽なコストで購入・維持することが出来る軽自動車で走る楽しみを感じたいという場合であれば、敢えて購入するだけの価値はあると言えるでしょう。

 

 

⇒カッコいい軽自動車を安く買う裏技!

 

 

軽自動車の維持費

軽自動車の車検費用

軽自動車の税金

軽自動車人気

軽自動車 中古

軽自動車 燃費

軽自動車の名義変更

運営者情報

このページの先頭へ