MENU

かっこいい軽自動車のコトなら福山センパイに聞け!

by楽天ブックス

 

俺たち夫婦の憧れのセンパイ、それが福山雅春アニキ。

 

福山センパイは現在37歳の超イケメン男。

 

高校を卒業してから自動車系の専門学校に行って、父親の経営する自動車修理工場の跡継ぎとして働いているから次期二代目社長になる人だ。

 

そんな環境からなのか車のことが大好きでとにかく詳しくて、高校時代からこっそり無免でドライビングテクを習得していたくらいだから、運転テクも抜群。

 

でも決して不良ってわけじゃなくって、ちょいワルな感じ。それでいて独身イケメンなんだから、前後左右の女性たちにほっとかれるハズがない。

 

でも本人は女よりも車のほうが好きみたいで、チャラついたウワサも聞こえてこない硬派な人間。

 

こんな人ってたまーにいるんだよね...

 

とにかくかっこいいし。

 

背が高くって細身なんだけど車を扱う仕事だからしっかり細マッチョだし、作業着から見える腕が筋張っているし、Tシャツ姿も肩がガッチリしていて超カッコいい...
しかもゆるい天然パーマの髪が毛先でクリンとはね上がっていて、これがまたナチュラルでかっこいい。

 

本当に芸能人みたいだ。

 

正真正銘のイケメンって、福山センパイみたいな人のことを言うんだと思う。

 

優しい目で見つめられながら声も低くてカッコいいんだから、もうヤバい。

 

 

10年前のインプレッサ

そんな福山センパイに俺が出会ったのは、俺が社会人2年生の時に買った中古のインプレッサが故障したとき。

 

当時の彼女とディズニーデートに出かける直前、急に車がエンストして動かなくなった。あたふたしてばかりいる俺に冷たい視線を浴びせる彼女。

 

そんな二人のメッチャ空気が悪くなっていたトキ、とりあえず近くの修理工場に電話して出張修理に来てくれたのが福山センパイだった。

 

福山センパイが現場に到着しただけで、彼女の目はハート型になっている始末。

 

でも本当に俺の目から見ても『白馬に乗った王子』みたいに見えるほどカッコ良かった。

 

今から5年も前のことだけど、それほどインパクトのある出会いだった。

 

そして福山センパイの修理のおかげでインプレッサも無事走れるようになり、その日のディズニーデートはちょっと遅くなったけどセーフで彼女とは無事に初お泊りもできた。

 

そのお礼の意味も兼ねて俺と彼女であらためて修理工場に行って福山センパイにご挨拶したら、えらく感動されちゃって。

 

『若いお客さんであらためてお礼に来てのは初めてだぜ!』って。

 

それから俺たち2人と福山センパイは仲良くなって、一緒に食事とか飲んだりするようになって、いつしか俺と彼女は福山センパイの魅力にすっかりヤラれていた。

 

ちなみにその彼女、今では俺の嫁さん。

 

俺達は結婚してすぐ女の子が生まれて、そしてつい最近2人目ができたことがわかった。

 

絵に描いたような幸せな結婚生活なんだけど、家族4人となるといつまでも中古のインプレッサではちょっと不便なんです。

 

だいたいこのインプレッサは俺が独身のときに買った車だからもう10年以上になるし、全然ファミリー向けのクルマじゃない。

 

なのでこれから生まれてくる子供のことや家族のこと考えると、ワンボックスタイプのクルマにしたほうがいいとは思うんだけど...

 

俺だってそんなに稼ぎが良いほうじゃないんで家族を養うのがけっこう大変なワケです。

 

ワンボックス系の普通自動車に新車で買い替えちゃうほど貯金もないし、トホホと思って福山センパイに飲みに連れて行ってもらったときに愚痴をこぼしていたら、それまで黙って俺の話を聞いていてくれた福山センパイにボソっと言われたのがこの一言...

 

『飯島、軽なめんなよ...今カッコいいのは軽自動車だぞ...

 

って。

 

カッコいい軽自動車?軽なのにカッコいいなんてあるの??? 

 

でもそう福山センパイが言うんだよね。

 

それで俺たち夫婦は急にカッコいい軽自動車ってなんだろう?

 

って興味を持つようになって色々調べ始めたんです、俺たち夫婦なりにカッコいい軽自動車を見つけようって。

 

カッコいい軽自動車とはなんだろう?

ダイハツ・ムーブカスタム

 

一昔前は小さいだけであまり人気のなかった軽自動車。

 

でも最近の軽自動車はおしゃれで可愛いデザインの車種が多数登場してカッコよくなってきている。

 

確かにコンパクトで小回りの利くのが最大特長の軽自動車は、ちょっとした近所のお出かけやショッピングにも使いやすく気軽に乗れるのが利点。

 

また普通車に比べて圧倒的に維持費がかからないというのも大きな特長。

 

そのような観点から最近の自動車の売り上げランキングでも、多くの車種が普通車に混じって上位にランクインしているのがカッコいい軽自動車。

 

特に人気の車種は、従来の軽自動車よりも断然おしゃれでファッション性が高く、ボディカラーも豊富なラインナップの中から選ぶことが出来る点などが評価されています。

 

中でも女性が好む傾向にあるのがローズピンクやミルクティー色・ショコラ色などの可愛らしいカラーが多彩な車種。

 

またこのような車種は内装も女性に好まれるような配色で、布地のチョイスなどにもこだわっていることが多く、内装のインテリアを自由自在に選べたりボディカラーもツートンなど、自分好みのオリジナリティーを追求することも出来ます。

 

このように女性に人気の車種は可愛くておしゃれな外観と、女性らしい内装にまで配慮した軽自動車が支持を得ているようですね。

 

一方で男性が好む傾向にある車種は、黒やパープルなどシックなカラーの軽自動車が多い傾向にあります。

 

スタイリッシュなボディカラーや質感で、アウトドアも街中も軽快に走ることが出来るタイプが人気で、男性の志向は機能や装備など実用性の高いデザインを好む傾向が強く、内外装の質感や走行性を重視して選ぶことが多いようです。

 

そして若いファミリー層に圧倒的に人気のタイプはハイルーフタイプの車種。

 

とても軽自動車とは思えないような広い車内と収納性・おしゃれな外観を兼ね備えたハイルーフタイプは、小さいお子さんと買物に行くことが多いファミリーに高い評価を得ています。

 

このように最近の軽自動車はおしゃれな上に機能性も高いタイプが多数出ているので、デートや買い物・旅行など様々なシーンで活躍してくれるカッコいい車として頼もしい存在となっているんです。

 

今や日本の自動車産業にとって軽自動車はなくてはならない存在、現に日本を走っている車の約50%が軽自動車だと言われる時代。

 

そんな軽自動車も時代と共に変化をしてきています。

 

昔は軽と言えば大人が並んで乗ると肩がぶつかる狭さで、安くてとりあえず乗れる足としての存在でしたが今はどうでしょう?規格は完全に見直され広くパワーのある車に変わり、今やメインの車として使用する人も多くなってきました。

 

なかには高級車顔負けの装備のカッコいい軽自動車も出てきましたし、室内の静寂性はコンパクトカーより静かで、ミニバンより2列目の空間が広いものが多く存在します。

 

装備もシートがアレル物質を分解する起毛をしたシートや、革より耐久性の高い合皮のシート、高級車の必需品であるクルーズコントロールなど、さらにはリヤ席のモニターなどに加えてサラウンドシステムを搭載しているものもあるくらいです。

 

また安全面もカッコいい軽自動車は高級車と肩を並べるレベルになってきています。

 

衝突実験ではひと昔前の規格の数字の倍の数値を叩き出すほどとなっていますし、最近では標準装備で衝突軽減ブレーキを搭載したり、サイドカーテンエアバック、LEDヘッドライト、ハイブリッドシステムなど充実しています。

 

そんなカッコいい軽自動車の価格はオプションなどをたくさん付けて諸費用なども含めて250万もする車もありますが、昔の車と比べれば装備の充実と維持費の安さでお買い得感は今の車の方が良いと言えます。

 

未だに、軽自動車は嫌だと言っている古い考えを持った人が多くいるようですが、そう言っている人に限って古い普通車に乗っていることが多く、今の軽自動車のカッコ良さや性能の高さや装備のレベルの高さに気づいていないため損をしている人がたくさんいます。

 

新しい車の購入を検討するなら予算や維持費をしっかり考えて、普通車コンパクトカーなどで予算削減のために装備レベルを下げるようなことはせず、一度カッコいい軽自動車を土俵に乗せてみるといいでしょう。

 

きっとアナタも今まで気がつかなかった、お得でカッコいい軽自動車が待っているかもしれませんから。

 

軽自動車の維持費

軽自動車の車検費用

軽自動車の税金

軽自動車人気

軽自動車 中古

軽自動車 燃費

軽自動車の名義変更

運営者情報

このページの先頭へ